緊急コロナ対策【使い捨てマスク】特別販売のご案内

2020-03-27

2020年3月27日現在、世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス。

日本でも益々緊張が高まり、予断が許さない状況が続いております。

2月から続くマスク不足。私たちは、コロナに対抗するためにも、手洗い、うがいは必須となっています。

しかし、日々の生活に欠かせないマスクが一般流通しておらず、消費者による買い占め等もあり、大変不便な生活をせざる得ない状況となっています。

優先順位としては、医療機関や福祉介護施設が優先となります。一般家庭をはじめ、企業内でもマスク不足がささやかれ、このままでは、コロナウィルス予防にも不安が募るばかりです。

今回、当社が代理店契約をしている、中国最大のおむつメーカー「DADDY’S CHOICE」から直接マスクを仕入れて、少しでも企業や団体の皆様のお手元にマスクが届くことに貢献できるように、流通の準備が整いました。

条件付きの予約販売となりますが、お困りのお客様がいらっしゃいましたら、まずは、お問い合わせください。

随時、予約を受付しております。

なぜ、当社がマスクを販売できるかご説明を致します。

10年以上前から、当社はAEDの販売を進めており、その関係で、医療系の仕事にも携わるようになってきました。

高度管理医療機器等 販売業・賃貸業 許可
静保業 第210800086号


同時に、海外との輸出入の仕事を5年前から取り組むようになり、現在では、静岡県や静岡市から業務委託を受ける地域商社として少しずつですが、成長をしております


そのような中、昨年の3月に、中国最大手のおむつメーカー「DADDY’S CHOICE」の日本法人、「DADDY’S CHOICE JAPAN」の代理店契約をし、静岡空港をはじめとしておむつの販売に取り組むようになってきたのです


http://s-cre.com/archives/2024

その流れから、今回、提携先である「DADDY’S CHOICE JAPAN」から、一般市場にマスクの流通を行えるように交渉したところ、条件付きではありますが、当社のルートにもマスクを卸せるような体制を作ることに成功しました。


といいますのも・・・ご承知かもしれませんが、日本国内のマスクの8割以上が中国製です。

現在、医療機関や福祉施設を優先にマスクが調達され、一般市場には従来通りのマスクが流通されなくなり、長引くコロナの影響で、今後も益々マスク不足が続くと思われます。


現在、中国の工場では、不眠不休、1,000人以上の体制でマスクの生産にあたっていますが、アメリカやヨーロッパからの受注が殺到し、なかなか、日本まで届かないのが現状であります(特別に工場の写真や、動画もいただきましたのでご覧ください。)


このメーカーは、おむつもそうなのですが、アメリカやヨーロッパでも認められる国際基準をクリアしている商品なので、当社も安心してご提供できることから、今回、全国各地の企業様、団体様へもお声かけさせていただいたのです。

しかしながら、「DADDY’S CHOICE JAPAN」にも、常に在庫がある状態ではありません。

さらに、このマスクは衛生品となるのと同時に、全企業、同条件なのですが、前金にてお支払いいただいた企業様のみ出荷となります。


これは、全企業にメーカーからのお願いとなっていますのでご理解のほどお願いします

その条件をクリアいただけるようであれば、マスクをご提供させていただくことが可能となります


今後、マスク不足はさらに加速すると思われますが、当社も代理店として、できる限り商品の確保に努力しますが、タイミングによっては手に入らない状態が出てくる可能性もありますので、あらかじめご了承願います

マスクの予約をご希望の方は、お問い合わせフォームよりお申し込みください

※2020年3月27日現在、ご発注後、10日間前後での納入となります。ただし、納期は工場の稼働状況により随時変更となりますので、スタッフまでお問い合わせください。



Copyright ©2008-2012 s-create. All rights reserved.